スタジオ紹介

クラシックバレエの正確な基礎を習得し、美しい姿勢と
柔軟な身体をつくります。
芸術的な作品創りは全国的に高い評価をいただいています。


代表 平田みのり
平櫛安子、アンヌ・ヒラグシに師事
1972~1984 ヒラグシモダンダンスカンパニー在籍
文化庁芸術祭参加公演(1973,76,81)文化庁助成公演などに出演

1993 久留米市にスタジオ開設
    自主公演を開催し毎回オリジナル作品を上演

2008 「現代舞踊協会九州支部合同公演」宮崎市民文化ホール
2010 「現代舞踊協会九州支部合同公演」大牟田文化会館大ホール
2011  (一社)現代舞踊協会、文化庁主催
    「現代舞踊フェスティバル in東京」メルパルク東京
2014 「ダンスパートナー」ホルトホール大分 大ホール
2016 「現代舞踊フェスティバル in名古屋」名古屋市芸術創造センター
2018 「国民文化祭おおいた・洋舞踊の祭典」 iichikoグランシアタ
  にて作品を発表

スタジオ生、こうべ全国洋舞コンクール・全国舞踊コンクールなど   
入賞・入選多数


緑豊かで閑静な環境の中にあるバレエ専用スタジオです。
スタジオの床は浮き床工法を取り入れた特殊な設計により、
ダンサーの身体にやさしい仕様です。
天井の高さは約4メートル、前面鏡張りですぐれた
オーディオ機器をそろえた広々とした空間です。